坐骨神経痛2年生

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 坐骨神経痛2年生
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

毎日のランを重ねているうちにどんどん悪化した坐骨神経痛、
しまいには1キロ走っては休んで腰伸ばすみたいな状況になり、
もうこれはたまらんということでレントゲンを撮影したわけですが、
画像的には軽いヘルニア、
重い狭窄
分離症
と、結構オンパレードな状況であることが判明しました。

で、整骨院やら鍼灸やらいってみましたが、
一向によくなりません。

そもそも、この痛みはなぜおきるのか?
そんなことが解明されれば全人類から坐骨神経痛がなくなりますが、
これはもう圧倒的に個人差があると思う訳です。

足の親指が痺れる限り、
これはもう神経障害で
どこかの経路が圧迫されているのは明らかですが、
では、そのくらい圧迫されると症状がでるのか???

医者の話を鵜呑みにすると、
そもそも人間動けばどこかが、
圧迫とかされているわけで、
健康状態でも体を動かしたら、
あちこち痛みが走ってもおかしくないんではないか?

痛みというのは言ってみれば電気信号であって、
もしかして、HDDのセクター不良のように、
部分的に正しい情報を書き込めないというか
伝達できない状態に陥っているのではないか?

で、近所にカリフォルニア整骨院というのができて、
そこでやっているハイボルテージという治療を受けることにしました。
これは局所的に電圧をかける、さらに電気を逃す経路を決めることによって、
その経路を活性化させてやれという感じのものと理解。

痛いです、この治療
もう、モーレツにいたいです。
でも、自分はあっているみたいで、
目に見えて効果があります。
痛みがとれていくだけではなく、
自分の場合、筋肉の腫れも少しひきました。
近所の病院で、きっと腫瘍だから切っちゃおうと言われた部分です。

もう、自分的には西洋医学はトンデモです。
もちろんX線写真とか参考になるし、
西洋医学の見地というのも、
大外れではないと思うんですが
あまりに少ないファクトで決めつけすぎな気がします。

で、ハイボルテージ治療、保険外で一回5000円くらいかかるのが、なんですが、
77歳を超えた母親並びに、母親の友人たち、
好評のようです。

治らないと悩んでいる人、
試しに行ってみる価値、あるかもしれません。

ちなみに自分は最悪時5キロを分8分で走ってましたが、
今は8キロを踏ん6分半で走れるまで回復できました。
通った期間は3日おきくらいに1月半です。

コメントを残す