AUDI TTRS 2012とTTRS2017

結局TTRS2012から
TTRS2017へスイッチしたんですが、
この5年での進化はどのくらいなものなのか

キーのリモートが効く距離が伸びた!

これ大変うれしいです。
以前は車の横に立たないと反応しないくらい鈍かったんですが、
今回は一般常識内な感じ。
普通に少しはなれたところからでもいけます。
ハンドルノブタッチでも解錠できるようになったのは
やっと現代になれたかんじ

ハッチをしめる取っ手の位置が変わった!

開いたハッチをしめる時に、
内側の中央にあったくぼみがみあたりません。
なんかしめづらくなりました。

建付けがよくなった!

これは経年劣化もあって、以前の車に良い印象をもっていないだけかもしれませんが、
細部の建付けはかなりよくなった印象です
小物入れがデカイのもよいです。

バーチャルコクピット!

もう、これいいです
でも、当たり前なんですが日本語です。
ちょっと萎えるので英語に設定してありますが、
音声入力も自動的に英語になるわけで、
英語しか通じない車になります。
モデル固有の問題ではありませんが、
そのうち何語でも理解できたりするんですかね、こういうの。
100歩譲って英語入力でいいやとしても
日本の地名を英語なまりで言うのが非常に難しいです。
結局、パッドで入力してます。
自分の個体は左ハンドルなので
右利きの自分は問題なくサクサクかけますが、
右ハンドルだと大変だと思うです。

トルクとパワーの出力をリアルタイムで見たり、
Gメーターがついていたりしますが、
そんなもの見ている暇ないです。
あんまり集中して内容をみていると、
どこかに突っ込みそうになります。

ナビですが、
これも非常に見やすくてイイです。
でもせっかく常にオンラインなんだから、
自分のGoogleアカウントにひもづいた
GoogleMapがまるっとでてくれると最高なんですが、
残念ながらそれはできません。
TTにはセンターのスクリーンもないので、
CarPlayもできません。
結局iPhone+GoogleMapというナビになっています。

ドライブモード

comfort
AUTO
Dynamic
Indivisual
から選択できます。
AUTOを選択すると、シフトレバーを使ってSモードにすると、
ダイナミックに移行するようです。
自分はほとんどAUTOで乗っています。
このボタン、R8についているインターフェースのほうが圧倒的に良いです。

エンジン

重量が軽くなったエンジンですが、
エンブレが効かなくなりました。
これ結構好きだったので、ちょっと残念。
ベースグレードにあるいくらシフトダウンしても、
スカスカーとした感じまではいきませんが、
2012年モデルに比べると、圧倒的にエンブレがない感じです。
残念

音はダイナミックモードにすると以前のものよりやかましいです
良いです
反してコンフォートでは結構静か。
ダイナミックにいれて、マフラー音を閉じることも可能です。

アイドルストップが付いているのは時代なんでしょうね、
911にだってついてるし。
でも好印象だったのはエンジンがかかりなおすときのシームレスさ。
991.2 C4Sを運転する機会がありましたが、
それよりスムーズに感じました。

車内wifi

サイコーです
要は車にsimがついていて、
それでいつでも通信できるんですが、
wifiも飛ばしています
なのでスマホやタブレットなどを車内のwifiに接続して使用することができます
さらにレーダー探知機のアップデートなども、
エンジンをかける度にチェック!

レーンアシスト

以前のモデルには存在しないセーフティ装置
ハンドルに触ってさえいれば、
車線内をキープしようとする機能です
クルーズと併用すると、非常にラクですが、
ハンドルに介入してくる感覚に慣れが必要です。
ウインカーさえだしていれば、車線変更時に車とケンカになることはありません。

B&Oサウンドシステム

このオプション、この品質でこの値段、
安いです。
すこごくいいです。
正直自分の生活環境で一番いい音で音楽が聴けるかも。

20インチホイール

255 30って、
このサイズの車でこれはちょっと超絶でかいです
ホイールデザインはかっこいいんですが、
あまりにでかいもんだから、
ブレーキキャリパーがこじんまり見えて
ちょっとさみしいです
それとコインパークは細心の注意でのぞまないと、
すぐにガリっとやってしまいそう

外観

そりゃ知ってたり興味があれば、すぐにデザインの違いに気づきますが、
まわりでは車が変わったことに気づかない人もいます
大枠、おんなじ印象なんでしょうね
でも、自分にはなんかレクサスのにおいを感じで、微妙になるときがあります。
とくにグリル。
細かい話ですが、後方の横の窓の形状が丸い感じから多角形な感じに変わりました。
丸いほうが昔の911みたいでイカしてましたが、
TTの全部まるがモチーフっていうのも崩れたんですね。

流れるウインカーは時代を感じますが、
正直、自分が小学生のころ流行っていた自転車を思い出さなくもないです。
もちろん流れ方は圧倒的に洗練されてますけど。

ローンチコントロール

まだ試してないですが、兄貴のR8に迫る数値が発表されている以上、
すごいんでしょうね
トラクションコントロールOFFを長押しで完全解除
ブレーキ踏む
アクセル踏む
ブレーキ離す
で発射する模様です

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください