Ducati Monster 821 都内へGO

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - Ducati Monster 821 都内へGO
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

購入してから数ヶ月、寒い日ばかりでやはり全く乗っていない Monsterで初めて都内へ行ってみました。
ルートは横浜新道第3京浜、目黒通りから駒沢通り、そして渋谷方面。
帰りは渋谷から首都高にのって、そのまま東名、圏央道で茅ヶ崎へ出て、134号線で辻堂へ。
全く疲れませんでした。
正直Z1000のときは都内の渋滞でのクラッチワークが苦でしたが、
Monsterのクラッチはむちゃくちゃ軽いです。
最初気になっていたグレーなクラッチミートも慣れました。
とは、いってもあんまり好きじゃないですけど。
あと燃調やらでバイクの特性を変える機能、
やっぱりつかってません。
結局、中固定です。

さらに改めて思ったのが排気音のでかさ。
やっぱりうるさいです、このバイク。
そこがいいんですけど、
早朝・深夜、家から出動したり、帰宅したりするのは住宅街では無理です。
もう絶対むり、夕方に帰宅した自分でしたが、
道ですれ違った顔見知りの人たちもドン引きです。
土地柄、騒音をたてて走り去っていくバイクは多いですが、
正直、あれよりちょっと静かかなくらいの印象です。
自分的には乗ってる感があって、しかも合法なので非常にうれしいんですが、
普通にまわりが迷惑するレベルです。

高速走行でのストレスは皆無でした。
800cc超えているので、パワーは十分ですし、
レーンチェンジやら高速道路のカーブなども、
イタリア車とは思えない安定感。
まったく趣旨の違うモデルで参考になりませんが、
900SSのパタンと倒れる感じと、
日本の古いバイクの重心が高くて、
何をやっても起き上がってくる感じの中間というか、
非常に良い塩梅です。
これも電子制御のおかげなんでしょうか、
恐怖感ゼロ。
東名から圏央道茅ヶ崎方面へ向かう左コーナーも、
圏央道から新湘南バイパス茅ヶ崎方面に向かう下り右コーナーも楽勝!
きっと絶妙なシート高も理由のひとつなんでしょうけど、
170くらいの自分には本当に何もかもジャストフィットです。

ちょっとブランドを超えてフォーリンラブ中です。
Monster821もAUDIグループの指針が加味されているのか?
ちょっとDucatiブランドに対する印象が変わりました。

コメントを残す