Processing + Hype

こんなことをやっている人はあんまりいないと思うんですが、
SkillShareでジョシュアデイビス氏の授業を受けていて、
大きく躓いたことがあったのでメモです。

氏が仲間と作ったグラフィックライブラリHypeですが、
SkillShareの映像をリリースした当時は
まだProcessingのライブラリにはなっていなくて、
.pdeのファイルで提供されていました。
Processingのバージョンも3になり、
めでたくHypeがライブラリになった今、
スクリプトの先頭で、hype libraryを読み込めば、
hypeステートメントがサクサク使えるはずでした。
そして、ズバリその呪文は、

import hype.*;

なるほど、
.*でワイルカードしてるから、
全部読めっていう命令だ!
と勝手に思っていたら、
HRotateが動かない。。。

なんかエラーを見てもよくわからない、、、

http://www.hypeframework.org/

でいろいろなソースコード見たらありました

import hype.extended.behavior.*;

えええええって感じで、
まさかのhype.extended.behavior。。。
なので、

import hype.*;
import hype.extended.behavior.*;

と、2行書きました。

無事動きましたよ、四角形をぐるぐる回すだけのアニメーション。。。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください