BEDROCK SANDALS

BEDROCK SANDALS

あいかわらず脊椎間狭窄由来かなんだかの座骨神経経路のしびれが治らず、
1キロ走っては休憩を繰り返していますが、
仲間からの強いすすめで購入しました、ベッドロックサンダル
最新モデルはAmazonにも楽天にもなくて、
メーカーから直で購入。
1週間ほどで届きました。

購入前に、すすめてくれた仲間から実物を見せてもらっていましたが、
改めて見て、その印象は
ビーサン。。。
しかしながらその耐久性は驚異的なようです。
その仲間はすでに1000キロくらいを走破しているようで、
バンド部分の一部が少しこすれている程度、
ソールの着地部分が減っている、
くらいであとは健康な状態に見えます。
実際に履かせてもらいましたが、
予想以上のフィット感!
当たり前ですが、ビーサンみたいに
かかとがパタパタすることは皆無です。

その人物が、
最初は1キロ程度にしておいたほうがいい
と助言してくれたにもかかわらず、
あまりに調子がいいので8キロくらい走ってみました

その結果、
ありえないほどの筋肉痛に襲われてます。
要は自分の場合、普通のランニングシューズだと、
いくらフォアフットストライクを意識して走っても、
状況によってかかとから着地することも多いようで、
このサンダルにするとかかとから着地したら痛いから、
自動的に全行程でフォアフット。
構造上、そうならざるを得ないんですね。
そうすると、普段使いきれていない筋肉も総動員。
走っている間は気持ち良くて気付きませんでしたが、
眠っていた筋肉を叩き起こしていたようです。

これで走るのは相当気持ちがよいです。
自分は親指より人差し指のほうが長いタイプで
シューズだとどうしても指先が痛くなったりするわけですが、
サンダルだとそういうことはない!
今まで感じたことがない開放感!
もちろんかかと部分にもバンドがあるので、
ビーサンで走っているような感覚はなくて、
足裏にぴったりとソールがくっついてます!

で、座骨神経由来の痛みは改善されたかというと、、、
筋肉痛でそれどころではありません。
一月くらいゆっくりとサンダルで走ってみて、
様子をみるくらいなペースでないとだめですね、きっと。

最初は1キロくらいがいいみたい。。。

4 Comments

  • 田崎禎明
    2016年3月24日

    新田さん、こんにちは。座骨神経経路のしびれって、脊柱管狭窄症からくる間欠跛行ですよね。実は私も昨年の秋に発症し、腰部のMRIをとったら腰部の椎間板が変形して脊柱管を走っている神経を圧迫していました(結構ショック)。私の場合はまだ軽度ですがしびれではなく痛みが太ももの付け根あたりに出ます。原因は長年のデスクワークによる腰部の負担と加齢のようです。これは物理的に腰椎が変形してしまっているので元に戻ることはないので理学療法でこれ以上悪化しないようにするしかないようです。ひどくなってみのもんたのように手術が必要になるとランニングどころではなくなります。

    座骨神経痛は筋肉が張りやすくなることが原因なのでグリッドフォームローラーなどでお尻から太ももにかけての筋肉を良くほぐしてやると症状は軽減します。また、体幹(特に腹横筋など)を鍛えることよって腰椎への負荷を軽減することも可能です。あと私はデスクワーク時の腰への負担を軽減するためにスィフトという机を買ってスタンディングでの作業スタイルに切り替えました。http://www.okamura.co.jp/product/desk_table/swift/

    だんだん体へのケアが必要な年齢になってきてしまいましたね。

  • 田崎禎明
    2016年3月24日

    結構、症状がでていますね。私も保存療法で改善していくのが一番だと思います。痛散湯などの漢方薬もある程度の症状改善に効果がありました。ただ値段が高いので自分は二ヶ月ぐらい試してやめてしまいました。やっぱり運動療法が基本だと思います。

Post a Reply to 田崎禎明 cancel reply

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください