PENTAX 645D欲しいゾ

PENTAX 645D欲しいゾ


デジカメWatchによると

ペンタックスは、撮像素子一体型レンズ交換式中判デジタル一眼レフカメラ「PENTAX 645D」を5月中旬に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は80万円台半ばの見込み。

だそうで、少し値引いて70万円台になれば、これはもう散財圏内!
なんでも、プロ用の保守サービスを省くことによって価格を抑えたんだとか。
スペシャルサイトに撮影作品が掲載されていますが、
うーん、こりゃよさそう。

面白いのがリバーサルフィルムモードなるもの。
なんでも、色味だとかなにやらだとかがリバーサルフィルム調になるらしい。
でも、デジタル現像だから後でどうせ調節しちゃうんだから、あんまりいらないか。

HDRモード撮影っていうのもおもしろそう。

デジタルバックはとてもじゃないけど買えないなので、
このレンジになると選択枝なしに645Dになっちゃうわけですが、
長年に渡ってこのカメラの開発を続け、
ついに穴の開いた市場を埋めてくれた
PENTAXのみなさんにエールを送りたいです。

さぁて、どうやって散財しよう。

2 Comments

  • マウンテンブック
    2010年3月12日

    カメラに疎い私には、何がすごいのか
    全くわかりませんが・・・
    80人の諭吉さんをまとめ上げる能力が
    ありません・・・
    でもすごいのでしょうね
    うーんカメラ色々な意味ですごい!

Post a Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください