Magic Trackpad こりゃ本当にマジックというか、ラク

Magic Trackpad

これ、ずーっと気になってたんですが、
昨日、買っちゃいました。
iPhoneから始まった指コンピューティング。
かなり定着してきたところで、デスクトップ用にときたわけですが、
実は別に目新しいものではないですよね。
トラックボールとかタブレットとかこの手のものは昔からありました。
でも、OSレベルで指入力方式をサポートとなると、これはもう選択の余地はありません。

で、使い心地。
まず、よく考えてみたら最近Macでやることといったら、
メール
音楽の整理
写真の整理
住所の管理
スケジュールの管理
ファイルの管理
Web閲覧

うーん、ぜんぜん本職のデザインに使ってません。
MacBookでも同様です。
しかもメインのMacは数年落ちのiMacに無理やり1.5Tを搭載したやつ。
なんだか使い辛いんですよね、マック。
仕事は何でやっているかというと、
Windows 7 64bitに
Cinema Display 30
Apple の有線キーボード
Logicoolのマウス

なんというか、
昔で言う三角定規とロットリングみたいな
どうしてもこの道具がないとモードが切り替わらないというか
イキナリ指でデザインしろといわれても、
その、あやふやな感じがどーも。。。

結論
マックはカンペキな事務・生活サポートマシンである!
一番身近にあるコンピュータ機器であることは間違いありません。
だって、指で使えますから。
しかもiPhone iPad Macと連携できて使い心地は似ているし、
情報をシームレスに異なるデバイスで扱うことができます。
なんかコンピューティングということを俯瞰で捉えているかんじ。
で、デザインの仕事はWindows。
そこには隔離された、男の職場がある!みたいな。
プロしか入れない仕事場。
業務用ならではの美学。
なので普段使いはちょー不便みたいな。

どうなんだろ。
アドビも指操作のペイントソフト出すみたいですし、
なんだかまた様変わりするのかもしれませんね。

1件のフィードバック

  1. あ、そうそう電池のもちが気になっていたんですが、まだ2日目でよくわかりませんが、長くて数ヶ月持つそうです。マジかよって感じですが、もちろん使う頻度にもよりますよね。

コメントは受け付けていません。

モバイルバージョンを終了