バッテリーの持ちが悪くなった気がするWatch OS 7

Watch OS 7インストール!

新しもの好きな自分、速攻でWatch OS7をインストールしました。

で、最近夜8時くらいになると、バッテリー残が10%を切るよー、という警告が表示されるようになりました。

もしかして、これはApple Watch6を購入せよという神の啓示かとも思いましたが、ん-、まてよ、これってOS入れ替えてから表示されるようになったゾ、と気づいた次第です。

Watch OS 7の新機能

AppleのWacth OSの新機能紹介ページでは、

  • 文字盤をカスタマイズする/共有する
  • 睡眠を記録する
  • きれいになるまでカウントダウン(手洗い)
  • 家族のApple Watchを管理する
  • 翻訳する(Siri)
  • 新しい方法で体を動かす
  • 自転車に乗って出かける
  • ショートカットを使う
  • 聴覚を守る方法の追加
  • 新しい文字盤

 

で、これはどういうわけかAppleのページには掲載されていませんが、バッテリーの寿命を延ばす機能が追加されていて、大幅に電力のマネージメントが変わった可能性があります。

常時行う仕事が増えて、バッテリーのマネージメントが変わったとなると、これはきっとWatch OS 7のせいでバッテリーのもちが悪くなった気がします。

睡眠を記録するって新機能もあるようですが、持たないバッテリーをどのタイミングで充電すればよいのやら。。。