Adobe CC 2019

Adobe CC 2019

ついに来ました、Adobe Creative Cloudの大型アップデート!今回も様々な機能が進化した模様です。知らない間にCSのサポートは廃止になってました。

Adobe Photoshop CC 2019

強化されたコンテンツに合わせた塗りつぶし機能

まったくもってエイリアンテクノロジーレベルなコンテンツに合わせた塗りつぶし機能ですが、さらに強化された模様です。編集メニューの中にコンテンツに応じた塗りつぶしメニューが追加されていて、専用画面が用意されました。専用画面では、塗りつぶしに使う内容の設定をしたり、塗りつぶし部分を新しいレイヤーで作成したりのオプションが追加されました。これイイです。

マッチフォントが日本語に対応

これもAdobe SENSEIの仕業なんでしょうか。ドキュメントを開いた状態で、書式メニューからマッチフォントを選択すると、ドキュメントに使われているフォントと思われるフォントリストを表示してくれます。恐ろしや。

インラインチュートリアル

初心者にはうれしい機能です。インラインでPhotoshopの様々な機能を学ぶことが可能で、実際にPhotoshopの画面の中で学習できるので、それぞれの機能を体験しながら学べます。

上記以外にもシンメトリー描画やフレームツール、パノラマ画像編集、LightRoomとの連携強化などなど、スゴイ進化を遂げています。ちなみにこれでPhotoshopのバージョンはついに20になりました。ああ、自分は1.0から使っているので年がばれる。。。

Adobe Photoshop CC 2019の新機能一覧

Adobe Illustrator CC 2019

フリーグラデーション

オブジェクトをメッシュで分割して、メッシュ内のポイントに異なった色を設定するグラデーション機能が搭載されてしばらく経ちますが、今回新たに搭載されたフリーグラデーションはさらに直感的に複雑なグラデーションを編集できるようになりました。メッシュではその特性上予期しない方向に妙なグラデーションが生成されることがよくありましたが、今回のフリーグラデーションはメッシュではなく設定したポイントを起点にグラデーションが設定されていくので、メッシュでよく起きる、グラデーションのヨレのようなものが起きなくなりました。設定方法もグラデーションパネル内で、以前の線、円にさらに追加される形になっているので、いつでも元のオブジェクトに戻ることが可能になりました。良いです!

Global Edit オブジェクトの一括編集

これはヤバイです。同じ形のオブジェクトを一挙に選択して、同時に編集できる!たとえば自分はロゴマークのデザインをすることが多いのですが、ロゴマニュアルなどの作成のとき、同じロゴマークを何回も異なるアートボードに配置しますが、稀にクライアントが微妙な修正の依頼があったりします。今まではロゴマーク単体を保存して、そのファイルを編集すると一挙に修正ができるようにしていましたが、ほとんどの場合そんな修正は想定していません。そんなときにこのGlobal Edit機能の登場です。ドキュメントを開いた状態で、ウインドウメニューからプロパティを選択して表示して、目的のオブジェクトを選択、プロパティパネルの下の方にある”オブジェクトを一括選択”ボタンで選択したオブジェクトと同じ形のオブジェクトを一度に選択することが可能です!選択対象はアピアランス、サイズなど条件も設定することが可能です。

上記以外にも大量のアートボード作成が可能になっていたり、仕上がりのみを表示するトリミング表示機能や、インラインでTypeKitのフォントのプレビューを見られる機能など、Illustratorの進化もすばらしいものになっています!

Adobe Illustrator CC 2019の新機能一覧

AfterEffects CC 2019

パペットツールの強化や3D深度情報のハンドリングなどハイライトとされていますが、まだ検証できてません。ひとつだけ検証できたのは相変わらずなレイトレース機能の衰退というかnVidiaの非サポート状態。これは新しいnVidiaのGPUのレイトレースサポートしていないという事実で、Windowsの場合はoptix1.dllというファイルを古いものに差し替えると解決できるものです。詳しくは自分が他のウェブサイトで書いた、AEレイトレース問題を読んでみてください。今回もこの方法で問題を解決することができました。しかしながらVideo CopilotのOptical Lens Flareというプラグインは動かないみたいです。AfterEffectsはアップデートの度にプラグインが機能しなくなる問題が起きますが、今回はその確率高そうです。アップデートするときには前バージョンを残すオプションを入れておくのをオススメします。

AfterEffects CC 2019の新機能一覧>