JALハワイ便のベジタリアン食

vege
はじめてハワイにいって、あまりにメシが不味いのに驚愕したわけですが、
今回お世話になったJALさん、
事前にベジタリン食をお願いしてみました。
自分はベジタリアンでもなんでもないんですが、
それほど肉食でもなく、
今年48の男子にしては肉より魚、魚より豆類みたいな趣な人間です。
狭い飛行機の中でたらふく肉類とかを食べてしまうと、
そのあとの調節がどうも面倒というのが主目的なわけです。

いつだか食べたLufthansaのベジタリアン食が結構美味しかったので、
自然と期待してしまっていたわけですが、
いや、酷かった。
タイミングもひどい。
内容もひどい。
一番、ビビったのはマーガリンがついてきたこと。
そりゃ、乳製品ではないのでビーガンの人用に最適と思ったのかもしれませんが、
トランス脂肪酸の一件で、どこぞの国では発売禁止になっているシロモノです。
食事の内容を気にしているベジタリアンの人に笑われちゃいます。
ハワイ便なんだからココナッツオイルとか出したら良い演出になるのに。
せめてオリーブオイルとかつけてくれればなぁ。

そしてたんぱく質の量が異常に少ない。
とにかく野菜と果物出しときゃみたいな。
うーん、もう少し勉強したほうが良いかもしれませんね。
豆もグリーンピースとかではなく、
もう少しちゃんとした豆料理的なものであればいいのに。
運賃の中にどれだけ食事の費用が入っているのかわかりませんが、
これだったら、いらないかな次から(w

ちなみにここに
JALさんの特別食の説明があります。