AlfaGTのその後

AlfaGTのその後

AlfaRomeo AlfaGT SportivaII

AlfaRomeo AlfaGT SportivaII

いやいや、なかなか一筋縄ではいかないクルマです。納車して2週間程度経ちますが、早くも2度のメジャートラブルがおきました。一回目は実は納車日。なんと助手席側ドアが中から開きません。最初は作法を理解していないと思っていましたが、これが徹底的に開かず、とりあえずディーラーに電話してみると、やはり故障というか開くはずのシチュエーションでドアが中から開かないという事態であることが判明。で、当日にイキナリ入院。原因はドア内部のワイヤーがノブに引っかかっているんだけど、そのパーツの形状イケナイらしく、うまくドアが開かないとのこと。

で、昨日は走行中にギアが入らない現象に何度か見舞われ、横浜新道で立ち往生。高速で走行中、追い越しをしようと思い、一速下げたときにそれはおきました。インジケーターは5の表示のまま、スカっという感じでアクセルを踏んでも、エンジンが空ぶかし状態になるだけ。その後、クルマが自分で何回か空ぶかしを行ってましたが、事態は好転せずそのまま路肩に非常パーキング。一回ニュートラルには入ったものの、もう1速にも入らず、そのまま各方面に連絡すると、それはもう入院させてください、と。原因はまだわかりませんが、セレスピードではオーバーレヴすると、安全回路が働く仕組みがあって、それかもとのでしたが、タイミングから考えて、ちょっと違うかも。

トラブルさえ起きなければルックスも内容もサイコーのクルマなんですが、仕事用にこんなクルマを選んだ自分って。

休日中のトラブルでよかった。

で、ここから後日談
今日、ディーラーさんに電話してみたら、ログを読み取る限りエラーが2度出ています、調節の範囲だと思います、とのこと。なんでも2ミリ調節したらしいですが、何を調節したのか電話では分かりませんでした。で、明日にも新調したシフトノブと共に帰ってくる予定です。