Apple Pencilやっときた

やっときましたApple Pencil
なんだか、1万もする筆記用具には到底見えません。。。
まぁ、そんなことはどうでもいいんですけど、
持った感じのバランスはとてもよいなと思いました。
知りませんでしたが、これってiPad Proでないと使えないんですね。
ためしにiPhoneにさしてみたけど、
何もおこりませんでした。

Apple PencilのiPad Proとの接続はBlueToothで行います。
自分のやり方が正しいのかわかりませんが、
iPadに刺さないと認識しませんでした。
一回、認識してしまえば普通のスタイラスとして使えます。
指より快適かも。

しかしながら、しまうところがないし、
キャップが取れるっていうのも、
とれたキャップがなんだか心細い。
電池の残量を調べるには通知画面を出して、
うジェットを選んで初めて確認できる、
この時点でなんだか気持ちに暗雲が立ち込めてきます。

ところでlightingデバイスにぶっさして充電しますが、
実はLightingのメス<>メスアダプタが同梱されているので、
ケーブルで充電することもできます。
なんか便利なんだか、不便なんだかわかりません。
ぶっさした様は、もうどうにもならない感満載です。
iPad自体を普通に置くことしかできないです。
縦に立ててつかうことなんてできませんし、
縦に机の上においても、
ペンがこっちを向いているので邪魔なことこの上ないです。

で、Adobe Drawで使ってみました。
これはソフトがよくできているのがあって、
すこぶる調子が良いです。
ロジカルでない絵をベクターデータで作るという斬新な制作手法がたまらないです。
でもこれが革新的かと言われたら、
残念ながらWacomとかで体験したソレに近いことがiPadでできるという範囲だと思いました。

これちょっと使い込まないと、
使い方がわからないまま、
キャップがなくなって、
そのまま部屋のブラックホールに
落ちちゃうかもしません。

気をつけよ。