Galaxyの落とし穴

Galaxyを導入してから1週間とちょっと。
電話帳の使い方がイマイチわかりません。

Gmailアカウントも作って、
データをインポートして、準備万端と思ったのもつかの間、
なんか様子がヘン。

名前が重複してたり、
消したはずの連絡先が復活してたり。

よく見ると名前の横にgとかdとか書いてあって、
しかも連絡先によっては、gだけとかdだけとか、
両方あっても順番が違ってたり、
うーん、キモチワリィ。

このヘンの事情をググってみたら、驚愕の事実が。
Galaxyは連絡先を
本体、docomoアカウント、Gmailと3種類区別して保存してあるそうな。
なので、docomoアカウントに保存された情報がまんまとGmailの連絡先と合体してしまったワケで、
しかも本体にインポートしてしまったもんだから、それはもう混沌とした状態になってしまったワケですな。

仕方がないので、一回全部消去して、Gmailで連絡先を編集しなおし、
もう一回本体にインポートしてみました。

今度はグループ分けが反英されません。
ぐあー、キライこの電話。

で、よくよく考えてみました。
そもそもスマートフォンが2台あって、
しかもiPad、Macがある。
これはどう考えてもmobileme主導で考えたほうが懸命なわけで、
そうなるとGmailと同期ができるMacのアドレスを主体で使うのがイチバンに思えてきました。

ところで一連の作業で、Galaxy <> Gmail <> mobileme間でvCardファイルで
データのインポート・エキスポートを行いましたが、グループ分けだけどうしても再利用できませんでした。

主な編集はGmailで行いましたが、アドレスに読み込んだ瞬間グループ情報がなく、
数百件なので手動で問題ないんですが、ひとつ編集時に不便を感じたことが。
グループを設定していない連絡先だけを表示する機能がアドレスはないのです。

なやむこと小一時間、解決方法を発見しました。
アドレスでスマートグループを作成し、
カードが いずれかのグループ のメンバーではない
に設定すると、グループ設定していない連絡先だけ表示された。

ふう、なんだか”ぜんぜんスマートじゃないフォン”2台持っている気がしてきました。