iPhone6 Plus > iPhone6S Plusへスイッチ

息子のiPhone5が調子悪く、
iPhone6sを買ってやるのもシャクなので、
自分をSにして息子に自分の6をおさがりにすることにしました。
品薄と報じられていた割には数日で到着。
食事中だと言っているのに、強引で無粋なソフトバンクの電話の対応もそこそこに、
スイッチしてきました。

機種変なので手続きの面倒も少なく、
iTunesから復帰すれば何事もなかったように6Sになると思っていました。
が、ちょっとちがった。。。

iOSのベータに参加していたiPhone6に入っているiOSは9.2 beta1。
6Sに入っているiOSは9.0。
旧バージョンへの復帰はできないとアラートが。。。

結局、新しいiPhoneとして一回起動して、
iPhone6Sをベータ参加機として登録。
改めてiOS9.2 beta1をインストールしてから、
設定>リセット
で出荷状態に戻してから復帰するという作業が必要でした。
でも、これって厳密にいうと工場出荷状態ではないですよね。
iOSは更新されたままなんだし。
まぁ、文字通り、設定とコンテンツの消去ということですね。
なんか納得。

で、何が変わったか?
触った感じ少し厚みを増したのがわかりますが、
目隠しされてさわってくらべろと言われたら、
いいあてる自信はあまりありません。
ちなみに6Plus用のケースがそのまま使えました。
圧倒的なのは動作の軽さ。
これはもう比べ物になりません。
触ったらすぐ反応!
すぐやる課的なフットワークのよさ。
もさもさ感は皆無です。
フォースタッチでしたっけ?
それはユーザーがだめだなので、使いこなせていません。
カメラ関連は使い込んでないのでよくわからないですが、
4Kまでいけるとのこと。
活用する手段が身の回りにないので、これもお得感が実感できていません。
総じてIphone6シリーズの完成版という感じですが、
それにしても、ちょっと値段が高いかも。