SからRS AUDI TT RS

SからRS AUDI TT RS

6万キロほど連れ添ったTTS、
5歳を記念にリフレッシュしようと思ったんですが、
タイミングよくスバラシイRSの固体が登場してしまったわけです。
RSもいまやSトロニックは付いてるし、
出力パワーに至っては圧倒的なものがあります。
究極の営業車と思っていたTTSですが、
TTRSの場合さらに究極のきわみなわけです。
なんか頭痛が痛いみたいな表現ですが。。。

例えば、
TTSの場合曲がっている最中に
“ハンドル切っただけ曲がりますので、どうぞどんどん曲がってください”
って感じなんですが、

TTRSの場合、
“どうぞどんどん曲がっている最中も、すきなだけ加速してください”
みたいな。

TTSとは全く素性の違う5気筒エンジン。
ランボのV10の片バンクを拝借して、、、
と、誰かいってましたが、
それが本当だとしたらまさしく半ボルギーニ。
未来的な爆音もなんか魅力的です。

で、試乗してきました。
固体は1年オチ、
全然、びんびんに新しいです。
基本は5年前のTTSと全く一緒。
操作系統も当たり前ですが、おんなじです。
違うのは佇まいと音とトルク。
ホイールがデカいです。

で、乗ってみて、、、
小さい車なのに、なんかフワフワしたかんじがない。
ハンドリングは全くの色気のないTTSのハンドリングと
おんなじ方向性な気がしました。
まぁ、営業車なのでよいです。
トルクはさすがに太いです。
なんか余力をいつも担保しているような感覚、安心です。
踏めば、バビューンと、ゆっくり走れば、そろそろと。
スポーツモード突入のSボタンですが、
きっと自分の場合いつもオンにしちゃいます。
静かに走らなければならないときだけ、オフ。
SトロニックはTTSに比べてスムーズになった印象でしたが、
これはTTSの経年劣化も考えなくてはいけません。

うーん、スバラシすぎる。
値段も手ごろ。
もう決心はついてるんですが、
忙しくて手続きを進めるひまが。。。

Post a Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください