海のプラスチック

 日課のジョギング、いつも気にはなっていたんですが足元の砂浜に散乱するプラスチック。目に見えるものだけでこんなにあるということは、目に見えないものまでいれたらとんでもないことになっている違いありません。

 この海にいる魚毎日のように食べているわけです。目立つところで釣り人が相当むかつきますが、実はみんなの生活がどんどん海を汚していて、じわじわ自身のクビを締めているのが実感できます。

 鵠沼の砂浜両手で砂をすくってみてください。多分絶対にプラスチック入ってます。