湘南T-Siteというハリボテ

1歳も満たないときに両親がこの地へ引っ越してはや55年。遡れば祖父が全国転勤を経て日本イチと思って湘南の地を永住の地として選択したそうです。

そんな藤沢、パナソニックの工場跡地にこつ然と現れた湘南T-Site。出現したときは違和感しかありませんでした。だってかっこ悪い。

江戸のおしゃれを藤沢にもってきても馴染むわけがない。

そんなT-Siteさんのスタッフはなんだか妙なプライドがあるようです。異常に高飛車な態度での対応。Appleショップ担当でテナント関連とは違ってTsutaya直属の社員様ともなれば相当偉いんでしょうな、若くても。

自分はiPhoneを妻の言われるがまま機種変アップゲードしようかな程度の感じでショップへおもむきましたが、もう10分程度でスタッフの態度に我慢できなくなって、その場を後にしました。

態度が悪いだけではなく、電話キャリアに対する知識も曖昧なものでした。それでも高飛車な態度は変わらない。大人げないなとおもいつつ、藤沢育ちのワタシはゆるせません。

キレイごとばかりをならべる大企業のかたまりのT-Siteはまやかしにしか見えません。

自分はもう2度と足を向けることはないと思います、近所だけど。

湘南育ちだと、湘南ということば自体が恥ずかしい。湘南ってそもそも大磯じゃんみたいな。それをただの田舎の藤沢にある施設に持ってくる、恥ずかしさ。まぁよそものにはわからないでしょうね、なんかキラキラしてるし、湘南という響き。

江戸の人にはわからんでしょうな。

あー残念、自分も含めて。