The Hitchhikers Guide to the Galaxy

こういうナゾな映画は日本では受け入れられないんでしょうね、例えば古くはモンティーパイソン。イギリス文化ならではの低ストレスなんだけど、なんだか本質をついているあれやこれや。

ある機会があって観たこの映画、音楽やら解釈やらがモンティーパイソンの血筋です。いやぁ面白かった。

イギリス文化が持っている個を大切にしつつ、その個の切なさというか儚さが、これまたイギリス風に見事に表現されています。

2005年の作品の割に特殊効果も現代でも十分通用するものです。

別に映像的に美しいわけでもないし、話的にそんなに深いわけでもありません。

でも、実はいろいろな箇所に裏があって、本当のメッセージはこういうことかとも思うんだけど、実はそれは裏切りで、結局大した考えはないという結論に達したり、その逆だったり。結局はそもそも人間が考える事自体、実は無意味じゃん的な結論に達するんだけど、まてよ、みたいな。

この作品、自分的にはモンティ・パイソンのTeh Meaning of Lifeのオマージュというか、並列的な現代風の解釈と捉えました。

アメリカ映画にはない、一歩下がって考えられるおバカコメディの傑作映画でした。

アマゾンではDVDで購入することが可能です。