ベジタリアンになって久しいのですが、ベジタリアン、ビーガン、そうなった理由はひとそれぞれだと思います。今回食べてみたモスバーガーの「グリーンバーガー」は、肉を食べたいのに何かの理由でベジタリアンになった人向けのものだと思います。

当然、寒いと乗らないし、暑いとやっぱり乗らない。異常気象も合わさって1年きれいに乗らなかったモンスターのバッテリーは当然のごとく空っぽになり、いくら充電してもどうにもならない状態になってしまいました。そしてこのバッテリー交換しようにも、場所と道具がないとリーチできない相当面倒なところにあるようです。

一眼カメラが衰退していって、ミラーレスがもてはやされているわけですが、中判のミラーレスでは選択肢はふたつFUJIかHasselblad。自分はHasselblad Hシステムがメインの機材なので、自然とHasselblad X1Dに興味がわくんですが、去年ひっそりマークIIへ進化。

購入したのはGeekvape Aegis X 200W。必要ないです200W。こんな高出力で吸ったら一撃で具合が悪くなると思いますが、電池を2本いれておけるのは良いです。大きな画面も老眼にやさしく、設定関連もわかりやすい!しかしながらこの高出力、どうやって使うんでしょうか?ちなみに自分はプログラムで5W>10W>20W>10W>5Wと相当緩めに吸っています。完全にオーバーキル状態。

MacBook Pro 16を新調した流れでモニタが必要になり、EIZO FlexScan EV2785を購入して平和な日々を過ごしていました。でもやっぱり10ビットモニタに興味があって、写真を撮影するという職業柄、これは買わないと罪にも値すると思って物色し始めたわけです。

とにかく高いGITZO製品ですが、その性能は半端ないです。数年愛用していた古い自由雲台ですが、ついにがたつきはじめ、新調しました新しい自由雲台。ジッツオ センターボール雲台3型QDというのを購入しましたが、これが半端なくピタリととまる。載せるカメラはHasselblad H6D-100cがメインなので、かなり重たいカメラですが、つまみをちょっとひねるだけで、パキっと止まる!ボールの精度が高いので、動かすときも最高にスムーズ!

クルマっていうのは、やっぱりかっこよくないと嫌です。もちろんその判断には許容範囲があって、ここ100年ほどで培われたクルマに対する生理的感覚みたいなものがあって、新たなデザイン的な提案に対しても、その生理的感覚がベースになって反応するんだと思います。それは時代の流れの中でのデザインに対する感覚も加味されていくんだと思いますが、新しくでたポルシェタイカン、見事です。

新調したMacBook Pro16ですが、Cinema Display 27インチが使えない問題で、ディスプレイまで必要になって購入したWIZO FlexScan EV2785ですが、思いのほか調子よいです。

深みのある味わいの大人用リキッドを引き続き探訪しているわけですが、また出会いました。自分の判断基準は味わいはもちろん、日常で吸いまくるので値段もかなり重要です。

訳あって、結局我が家へやってきた17万キロも仕事させられたこの個体。去年はポルシェの映像を制作する案件でトランクに穴をあけられ、老体にムチ打たれていました。友人が所有するクルマでしたが、その友人が別のクルマを購入、息子がマニュアル車熱望ということで、格安で譲ってもらうことに。

新しいMacBookProがきて、大体1週間が経ちました。Proというくらいなので、それはもう速いのは速いです。

カッコいいっすかね、これ。パッケージングはすごく良いと思うんですけど、どーにも、こーにもこの手の日本車、イケてるとは思えません。まず馬鹿でかいグリル。

その昔からRadeonのグラフィックカードには良い思い出がありません。3Dを盛んにやっていたころ、高いRadeonのカードを買って意気揚々とWindowsにインストール、エクスプローラーもまともに表示されなくなる。。。