Vape大人リキッドGoldLeaf
16インチMacbook Pro準備
やっと出たMacbook pro 16インチ、今度こそプロ

自分はもっぱらアマゾンでいろんなリキッドを試していますが、ついに出会いました、リピートするリキッド。思えばタバコだって同じ銘柄を好んで吸っていたわけですし、ひとそれぞれの嗜好があるわけでVapeも然り。正直、駄菓子みたいな味のリキッドばかりで、ちょっと飽きてきたところでした。

月末には届くことになっているMacbook Pro 16インチですが、今のUSB-Aでの環境がすべて使えなくなることに、買った直後に気づいたわけです。さらに言うとCinema Displayもダメです。もうアダプタだらけ。

こんなにひっそりと出るということは、ドラスティックな進化はないんだと思います。正直スペックの底上げメイン!でも、まぁ購入しました。なにせ今のメインは2015年GPUなしモデル。バッテリーは膨れ上がって、平らに置けないし、中身的には2012年モデルの上位スペックと同じくらい。。。

はてさて、記事を読むたびに、胸のあたりになぜか圧迫を感じる自分ですが、いろいろな情報が露出しはじめました。

Adobe Illustrator 2020でパスの単純化が大きく進化していました。 たとえばこんなパスがあったとします。 この図形、まだアンカーポイントを減らせますが、 以前のオブジェクトメニュー>パス>単純化

フォトリアリスティックな陰影を再現できるレイトレースですが、自分AfterEffectsに実装されていたこの機能をしつこく使っていました。ところがついにAfterEffects 2020でプルダウンメニューから、レイトレースがなくなってしまいました。

Adobeの大型アップデートでPhotoshopも2019から2020に進化しました!主にAdobeのAIエンジン、SENSEIを利用した被写体の選択の精度やPhotoshop Elementの肌をキレイにする新機能が注目されています。

Apple Watch Series 1からのユーザーですが、Series 5からセルラーモデルを選択しました。1日中腕にはめていて、ほぼ毎日午前中に10キロランをする習慣になっていますが、Series4は就寝時に20%ほど残っていたバッテリーがSeries 5セルラーではもうよくてパワーセーブモード、ひどいときは電池切れ状態になってしまいます。

その昔はiPod nanoだけで走っていた自分ですが、いつの日からかiPhone片手に走るようになって、数年そのスタイルで毎日の日課をこなしていました。

すっかり生活の一部になったVapingですが、Vapingのスタイルはひとそれぞれ。 自分は電源側であるmodをAegis 、アトマイザーをZeusで落ち着きました。

ヘルニアと狭窄症と分離症の大三元でここ数年なやまされている足の痛み。ランのときも非常にわずらわしくて、トロトロと毎日10キロを1キロ7分くらいのペースで走っていたわたしですが、最近ランのあとのこれを飲むようにしていました。

アメリカでVape禁止!?ってこりゃすごい話です。