Macbook Pro 16inch 1週間

Macbook Pro 16inch 1週間

新しいMacBookProがきて、大体1週間が経ちました。Proというくらいなので、それはもう速いのは速いです。

思わぬ散財

Cinemadisplay LED 27インチが使えなかったので、EIZOのモニタを新規で購入しました。本体と合わせて注文したThunderboltアダプタも無用の長物です。購入したEIZOモニタは調子もいいし、オフィスの中ももうくたびれてきているモニタが数台あるので、自分が何かの拍子でモニタを新調したら、他のマシンに移動できるのでまぁよいんですけど。

思わぬ事態

クリエイティブ作業のほとんどがWindowsですが、今回のMac購入でまたMac使うかなぁと思っていましたが、AfterEffects GPUが使えない問題で、それも微妙になりました。結局Macは優秀な事務用コンピューターになってしまう。うーん、世の中の認識におおきなズレがありますね。グラフィックはMacみたいな。Radeonじゃだめです。でも、nVidiaだと電力も足りないし、AppleとnVidiaの関係も以前の問題を抱えていたGPU事件もあって、あまり良好ではないようです。あんまり期待できないかなぁ。

やっぱり使わないTouch Bar

ほとんど大きなディスプレイにつなげて、MacBookを閉じるという、自分の使い方もあるんですけど、タッチバーを見ることもありません。せめてタッチバーつきのキーボードがあれば、つかうようになるかもしれませんが、なんで出ないんでしょうね?

思わぬ好印象

圧倒的にびっくりしたのはスピーカーから出る音。もうラップトップから出ている感じではないです。これどういう仕組みなんですかね。異常事態レベルに音が良いです。これなら出張したときに自分のライブラリから音楽を再生する気になります。巷で、話題になる刷新されたキーボードもよいです。

こうあるべきだった

そもそも、こうあるべきだったんでしょうね、MacBook Pro。なんといってもProなわけでプロユースを考えると先代のモデルでは不安要素が多すぎます。欲を言えばSSDとメモリは自分で後から交換できるような設計してほしかった。さらに言うと、GPU。本当にRadeonは嫌です。お願いだからnVidiaと仲直りしてください。