Element 3D AfterEffects プラグイン!

Element 3D AfterEffects プラグイン!

いや、これスゴいです。
いまや3D系のゲームではリアルタイムで相当な映像表現をしているワケですが、
グラフィック系のソフトではプレビュー止まり。
GLベースだと諸事情で仕方がないと思っていましたが、
ついにキました。
いつもチュートリアルでお世話になっているVideo CopilotからElement 3Dというのが発売になりました。
こいつってばobjファイルとかのモデルデータを読み込んで、
グラフィックカードでレンダリングしちゃうというシロモノのなんですが、
なんとAEのカメラに完全対応。
被写界深度もちゃんと機能します。
そしてたったの150ドル!
円高の今となってはいくらでもありません。
プリセットのシェーダーとかモデルデータのバンドル版を購入すれば、
一段と苦労もなくなりそう。
サイトではあまり大声で言ってませんが、
テキストもしくはマスクシェイプを押し出して立体にする機能、
これは重宝しそうです。
3D Invigoratorとかありますが、
はるかにElement 3Dのほうが使いやすいです。
ナンと言っても速い!
立体の仕事は全部GLまかせ!
でも、それで良いと思いますよ、もはや今の時代では。
さらには、あくまでパーティクルシステムであるという点。
これで今までに無い映像表現も可能になる気配です。

ありがちなプラグインだけの世界でなんとかする
他社製のものに比べて、
ここまでAE本体と親和性の高い3D系のプラグインも珍しいです。
即買いしちゃいました。