散財デザイン・写真・映像コンピュータ・ガジェットクルマとかバイクとか湘南の食事処ダイエット音楽・映画

GreenBurger缶詰

mos canp green burger
このエントリーをはてなブックマークに追加

自分はベジタリアンというか肉を食べません、なのでハンバーガーは食べません。

もふもふしたかわいい動物を殺して、その肉を切り刻んで炎であぶってそれを口に入れるなんて到底できません。

ホラーです、なのでホラー映画も観ません。

今56歳ですが、45歳くらいからそんな考えになってしまって、それ以来ほとんど肉を食べていません。

と言ったような人たち用なんでしょうか、この商品。

近所のモスバーガーで発見したこの缶詰の中には大豆やらこんにゃくやらが練り混ざったパティが2枚入っていて、自分が入手したのはテリヤキ味でした。

グリーンバーガー、その味

おいしくはなかったです。

なんだか相当な噛み応えな部分はまだしも、肉感を出そうとしたことが成功していて自分のような人間にとっては肉を思い返してしまって、ウガという感じになってしまいます。

ってことは成功してますね、肉なしで肉を再現するというコンセプト。

味はテリヤキなので、テリヤキそのもの。

肉の味はあまり感じなくて、テリヤキ一辺倒。

テリヤキもそんなに好みではないので、完全に自分にとってはOB級の味でした。

そしてその値段は600円!

けっこう高い!

誰のためにあるのか?

正直、肉食えるんだったら肉くったほうが100倍幸せになれる気がするんですが、なんで植物由来のパティを作ったのか?

  • 肉が入っていない
  • カロリーも300キロカロリー弱、結構な破壊力です。
  • 肉の味として考えたら特別おいしくない。
  • 値段が高い。
  • 缶詰なので保存がきく。

 

本来はキャンプでモスの味が楽しめる!ってことみたいですが、わざわざ自然の中に入って都会の味を求めるっていうのもなんだかチグハグだし。

もうまったく理解できないです。

全然違うものが配達されてびっくりした!