散財デザイン・写真・映像コンピュータ・ガジェットクルマとかバイクとか湘南の食事処ダイエット音楽・映画

OS X Yosemite インターネットがやっぱり遅い

このエントリーをはてなブックマークに追加

たしかLIONあたりでも対策したと思うんですが、
推進が進んでいるIP v6が初期設定で自動とかになっているために
ネットワーク、特にインターネットの速度が異常に遅くなるという現象がありましたが、
そもそも遅延の原因はローカルの問題ではなく
IPv6に対応できていない世の中が原因。
と、いうことでYosemiteでも、
そのIPv6の設定を変えてみることにしました。

network

システム環境設定のネットーワークを開きます。

detail

自分の場合、Macのネットワーク接続はwifiで行っています。
接続中のネットワークを左から選んで、
右で接続中のネットワーク名を選び、
一番下の詳細ボタンをクリックします。

killipv6

ここで意外な展開だったのが、以前はあった“切”が見当たらないこと。
もう最新のデバイスたちは普通にIPv6化されていくので、
さすがに“切”オプションはなくしたんでしょうか?
と、いうことで一番近そうなニュアンスの
“リンクローカルのみ”を選択します。

いろいろなページをアクセスしてみましたが、
全くもって反応がよい!
こんなサクサクだったっけ?
蛇足ですが挙動不審だったiMessageも
これで改善できるかもしれません。

と、いうことでは自分は劇的に改善しました。

5件のフィードバック

  1. Yosemiteにしてから遅くて困っていましたが、見事に改善しました!分かりやすく書いてくださってありがとうございました!!

    1. やってみてください。OS Xってなんだか裏でいろいろな仕事していて、最近ちょっと過剰サービス気味な感じがします。

  2. 助かりました!ここのところ異様な遅さに困ってたのが、こんなところに原因があったんですね。

コメントは受け付けていません。