Computer God Died on My Birthday – なんとも皮肉な…


そもそも自分がデザインの道を選ぶきっかけを作ってくれたのが、
留学中に出会った友人のMacintosh。

そして、以後

Macintosh Plus
Macintosh II
Macintosh SE
Macintosh SE30
Macintosh IIfx
Macintosh IIcx
Macintosh IIci
Macintosh LC
Macintosh IIsi
PowerBook いろいろ
Newton
QuickTake
NeXT
Macintosh Color Classic
Power Macintosh
PowerBook G4
Macintosh G5
iMacいろいろ
iPodいろいろ
MacBookPro
iPad1,2
iPhone3G, 4

ざっと思い返しても、これだけお世話になりました。
ほぼ毎日Apple製品の前から離れたことはないと思いますが
彼はコンピュータの神でもあるんだけど、
人間のライフスタイルの提案者であって、
そのライフスタイルを実現するためにテクノロジーを利用したというふうに思えます。

未だにデザインの作業をするときは紙と鉛筆からはじめますが、
やっぱり清書したりフィニッシュしようと思うと、
これはもうコンピュータがないと話にならないわけで、
さらにコンピュータという道具のおかげでインスパイアされる部分も大きい昨今です。
WindowsやAdobeの製品もジョブス氏とMacintoshがなければ今のようにはなっていなかったでしょう。
本当に感謝、あんどご冥福をこころよりお祈りします。

あ、あとiPod。
これは本当にありがたかった。
当時mp3プレーヤーってSoundblasterとかからも出てましたが、
音楽は雰囲気もの。
曲を入れてる段階で手順がややこしくてそこで萎えるものばかり。
iPodはエレガントでした。

QuickTakeも衝撃でした
パチっと撮影した絵がそのままJPGで保存できるって大ゴトでした。
640×480で枚数も相当限られていたと思うけど。

MacOSというか前進のNeXTも思いかえると感慨深いものがあります。
自分のマシンではなかったけれど仕事場のファイルサーバーとして利用させてもらっていたNeXT。
TCP/IPなんて言葉を初めて聞いたのもこのマシンとNeXTのOS。
MacOS Xの正体が実はNeXTであるっていうのはなんだか執念というか、そんなものを感じます。

そしてiPad
トイレの時間が長くなりましたよ。

さて、彼ののいなくなった業界何が変わるんでしょうか。
切に思うのはApple製品、頼むからかっこよいままでいてくれって言うのと、
シンプルさを保ってくれってことでしょうか。

それと、それと、、、もしかしたらiOSでFlashが問題なく見れるようになったりして。